システムエンジニアの海外進出での言葉の壁

コンピューターシステムの開発の仕事で、システムエンジニアが活躍できる。また働くことができる場所は、国内ばかりとは限らない。海外にも、エンジニアとして働くチャンスを見い出せる。しかし、外国に活路を求めて進出しても、国内での仕事にはない苦労に直面する場合も多々ある。

例えば、日本を離れてのシステムエンジニアとしての仕事では、言葉の壁が大きく立ちはだかる。国外で人とコミュニケーションを取ろうとするなら、外国語の使用は不可避となる。また情報技術開発の分野では、英語が共通語として用いられている。もし日本を離れて、情報技術者として仕事をしようとすれば、語学力に自信がある事が重要な条件となる。たとえ開発技術に強い自信と実績があったとしても、コミュニケーションがままならないと仕事がうまくこなせない。そのため、将来に海外への進出を計画しているシステムエンジニアには、英語を始めとする外国語の習得が条件となる。語学力は、短期間に能力を伸ばすのが難しい性質を持つ。地道に勉強を続けるのが、唯一のスキルアップの手掛かりとなる。

余裕を持って語学の勉強を始め、将来に備えるのが、成功への手掛かりである。また英語に熟達するに連れ、プログラミングなどの技術力アップにもつながる。情報技術の多くは英語がベースとなっているため、直接的に開発技術の向上に効果がある。国内で仕事を続けるとしても、英語の語学力を磨くメリットは大きい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です